下肢静脈瘤や胃がんの病気は早期発見や治療を【素早い判断が大切】

ハート

命に関わる病気になる前に対策をしておこう

胃がんや下肢静脈瘤などの病気は放置をしておくと、死の危険のリスクを高めてしまいます。初期症状だけでなく時間の経過とともに病気特有の症状が出てくるので、少しでも身体の異変に気づいたら専門の内科や外科へ行って詳しい検査をしてもらいましょう。必要に応じて入院や手術などの治療をすることがあります。また病院では定期的に脳ドックなどの定期的な検査も実施しているので、生涯健康でいたい方は京都の病院へ検診を受けるようにしましょう。症状を緩和させるとともに完治するためには、病気の早期発見をすることが重要となります。また日常生活の中で病気にならないための対策法もあるので紹介していきます。

年齢を重ねるとある症状にかかりやすくなる

更年期障害と糖尿病は若い頃よりも50代や60代などの高齢期に多いとされています。更年期障害の場合は身体の中にあるホルモンバランスのバランスが崩れてしまうことから症状が発症します。糖尿病や更年期障害は日常生活の過ごし方が不規則だと症状が悪化しやすいといわれているため、症状を少しでも良くするために規則正しい生活を送るようにしましょう。また糖尿病の方は糖尿病に良い食事に変更する必要があります。血糖値が高くなると高血圧や脳出血のリスクも高まります。身体にやさしい食事を心がけることで身体に負担をかけることもないでしょう。自分自身で生活改善をすることができない場合は、病院へ定期的に通って医師からのアドバイスをもらうのも一つの手です。

病気にならないために取り組んだ方が良いこと5選

身体に良い食事

日本人は一日三食食べるのが普通ですが、一日二食にしたり栄養が偏っていたりすると不規則な食事になって、必要な栄養素を身体の中に摂取することができなくなってしまいます。そうならないためには、毎日バランスの取れた食生活を送ることが大切です。毎日食事を準備するのは大変かもしれませんが、糖尿病の食事なら宅配サービスもあるので、そういったサービスなども活用してみましょう。またサプリメントを服用して栄養不足を解消するのも良いです。

自律神経を安定させるための睡眠

毎日睡眠が浅いと疲れを取ることができずに、自然とストレスを溜め込んでしまうこととなります。ストレスは更年期障害の症状を悪化させるともいわれているので、毎日のストレスを少しでも軽減するためにも睡眠をよく取りましょう。更年期障害のようにストレスが原因で症状が進行することもあるため、睡眠だけに限らず趣味などに積極的に取り組んでストレスを溜めない生活を心がけてください。ストレスがなくなれば自然な笑顔を取り戻すことができるはずです。

運動で全身の血行を良くする

私達は毎日仕事をしてお金を得ていますが、仕事は簡単なものではありません。中には長時間の立ち仕事や座り仕事などもあるでしょう。ずっと同じ動作をしていると血液の流れが滞り、身体の機能が悪循環になってしまいます。そうならないためにも適度に運動をして血行促進をしましょう。日頃から運動不足の人は、まず軽いトレーニングからはじめ、慣れてきたら少しずつトレーニング量を増やすなどの工夫をしてください。毎日忙しくて時間がないという方は、就寝前に軽いストレッチをするだけでも効果が期待できます。

体温を上げて免疫力アップ

人間は朝起きたとき身体の機能が十分に働いていないので、白湯を飲んだり少しストレッチをするなどで血行を良くして脳の働きも活性化し、体温が上昇するといわれています。体温が少し高くなると免疫力もアップできるとされているため、毎朝起きたときに一工夫をすると朝から元気に行動をすることができるでしょう。免疫力をアップすることができれば風邪などのウイルス性の病気にかかるリスクを大幅に減らすことができます。毎日シャワーにしか入っていない人は、できるだけ湯船に入るようにすれば効率よく体温を上昇させることができるはずです。

人間ドッグなどの定期健診を受ける

初期症状があるものなら身体の異変に気付いてすぐに病院へ駆けつけやすいですが、病気の中には初期症状が全くないものもあります。そういった場合は病気が進行して重度になってから気づくこともあるので、そうならないためには毎年定期健診を受けて早期で病気を発見することが望ましいといえます。脳の病気などは特に気づかないことが多いため、脳ドッグなどで脳の隅々まで調べてもらいましょう。

あまり耳にしない下肢静脈瘤の病気

病気はたくさんあり、みんなが病気になる可能性を持っているのです。しかし、その病気の中でもあまり耳にしないものもあり、詳細を知らないことも珍しくありません。例えば、下肢静脈瘤。下肢静脈瘤という病気は一見どんな病気か分からない人もいますが、普段から立ち仕事をしているなど足に負担をかけることが多い人に発症しやすいといわれています。男性よりも女性がなりやすい病気で、もしその病気にかかるとそれが子供にも遺伝しやすい病気です。下肢静脈瘤について理解していない人は、下肢静脈瘤の知識を身に付けて万が一病気になったときのために備えておきましょう。

下肢静脈瘤に関するQ&Aを見てみよう

下肢静脈瘤って初期症状はありますか?

この病気は上半身ではなく下半身に症状が出ることが特徴的で、中でもふくらはぎのむくみやだるさが初期症状の一つだといわれています。他にも、ふくらはぎにほてりを感じるときや足の痺れなどを感じるときは注意しましょう。足のむくみやすい夕方頃にこうした症状が出やすいとされています。

症状を放っておくとどうなるの?

悪化したとしても切断をすることもないので、発見が遅れたとしても適切な治療をすれば症状を抑えて少しずつ完治へと向かうことができます。人によっては症状が気になる人もいれば逆に気にならないという方もいます。下肢静脈瘤による見た目が悪いという方は、元の足に治すために治療を検討する人も多いです。まずは医師と相談をしてどのような治療をしていくのかを決めていきましょう。

どうしたらこの病気に気付ける?

足のむくみを感じたときには、そのむくみ部分を押してください。凹みができると思いますが、その凹みが全く元に戻らないようであれば下肢静脈瘤の可能性が非常に高いといえます。朝はや夕方はむくみやすいといわれていますが、下肢静脈瘤の病気の場合は日中関係なくむくんでいることが特徴的です。少しでも気になることがあればすぐに病院へ行って検査をしてもらうのが一番でしょう。

長生きするためにも自分の身体は常に観察!

自分自身の身体は自分がよく知っているはずです。胃がんや下肢静脈瘤、高齢になって起こりやすい更年期障害や糖尿病などは誰でもなる可能性のある病気です。自分はならないと決めつけず、いつまでも健康でいたいなら普段から規則正しい生活をして免疫力を向上させましょう。身体に不自由がなければ高齢になっても元気で毎日を過ごすことができます。

広告募集中